肩こりにツボ押しと呼吸法

肩こりにツボ押しと呼吸法

肩こりに効果的なツボ押しと同時に、特別な呼吸方法も行うと、さらに効果が増加するといわれています。
通常、私たちが日常生活で主に行なっているのは、胸式呼吸と呼ばれているものです。
これは息を吸ったときに胸が膨らむ呼吸のことで、無意識に行なっています。
この胸式呼吸とは違い、呼吸をするたびにお腹が膨らんだりへこんだりする呼吸方法のことを、腹式呼吸と呼びます。
腹式呼吸をするには、ある程度意識して呼吸を行う必要があります。
姿勢を正してお腹に手を当てながら呼吸をしばらく繰り返すことで、自然と腹式呼吸を行うことができます。
慣れるまでは難しいかもしれませんが、5秒間息を吸って、10秒掛けてゆっくりと息を吐き出すことを1セットと考えて行うといいでしょう。
肩こりに効くツボを押すときも、この腹式呼吸を使って、5秒間息を吸いながらツボを押し、10秒掛けてツボから指を離していきます。
こうして呼吸を整えることで、心身ともにリラックスすることができるため、身体の気の巡りもよくなり、肩のこりも解していくことができます。
もう1つ、肩こりに効く呼吸法として有名なのが、丹田呼吸法と呼ばれるものです。
丹田呼吸法では、背筋を伸ばして真っ直ぐ立ち、両腕を肩幅の広さにまで開けながら、伸ばしていきます。
丹田とは、おへその下にあたる部分で、口から息を吐き出しながら、おへその下を意識してへこませていきます。
そのときに、片方の手を上に伸し、弧を描くような形で肩の後ろへ持っていきます。
こうすることで、肩の関節や筋肉を無駄なくほぐしていくことができるのです。
もう片方の腕も、同じように肩をゆっくり回しながら後ろへ伸ばし終えた後は、息を吸いながら姿勢を真っ直ぐに戻していきます。
これを片方の腕につき5回、合計10回ほど繰り返すと、肩こり解消の効果が発揮されます。
この運動は、肩こり解消だけではなく、身体が疲れているときに行うとリフレッシュさせる効果もあるようです。