肩こりでツボを押すツボをもむ

肩こりでツボを押すツボをもむ

肩こりを解消する方法の1つに、身体にある肩こりに効くツボを刺激するという方法があります。
しかし、ツボは押すだけではなく、揉んだり叩いたりといった方法で刺激を与えていく方法もあるようです。
1番基本的な方法は、両手の親指の腹を使ってツボを押す方法になります。
ツボは、それほど大きなポイントではないため、親指の腹を使って的確にツボを押していくためです。
ほかの指でも構いませんが、親指が1番力を込めやすく、ツボを刺激してあげるのに最適だといえるでしょう。
次に、手のひらや指全体を使って、ツボやその周辺を揉みほぐすという方法です。
運動不足などで身体の筋肉が全体的に凝り固まっているケースですと、ツボの位置がなかなか見つけにくいことが考えられます。
また、見つけたとしても、筋肉が緊張しているために、指1本で押す方法ですと、上手く効果が得られない場合があります。
そのほか、高齢者の場合は、指でツボを力強く押すと、筋肉だけではなく、その下の脆くなった骨まで痛めてしまうことがあるため、そういったときには指で押すのではなく、優しく揉んであげることがいいようです。
同じように、肩たたきの要領で軽く拳を握り、ツボを叩いてあげることも、刺激を与えられるため、効果が認められます。
これらの方法でもツボの周辺を触られたときに痛みを感じるようであれば、ツボを撫で擦るだけでも構いません。
いずれの場合でも、力任せにツボを押したり、長時間にわたって同じ場所を延々と押し続けていると、その部分が炎症を起こしてしまったり、筋肉や骨を傷つけてしまう恐れがあるため、十分注意が必要です。
ツボ押しで1番重要なことは、適度に刺激を与えて筋肉をほぐしたり、血液の循環をよくさせてあげることに他なりません。
したがって、肩こりを解消するためにツボ押しをする場合には、痛気持ちいいくらいの感覚が保てる力加減で、ツボを押したり、揉んだりするのがいいでしょう。