妊婦さんは肩こりしていてもツボ押しは避けて

妊婦さんは肩こりしていてもツボ押しは避けて

妊娠をすると、日が経つにつれて身体が重くなり、肩こりに悩まされる人も少なくありません。
しかしながら、そういった肩こりを解消する手立てとして、妊婦さんがツボ押しをするのは、避けるべきだといわれています。
ツボ押しというのは、気とよばれるエネルギーをスムーズに体内に循環させることによって、血行がよくなったり、ツボに対応した特定の臓器や器官の悪い症状を改善させるものです。
妊婦さんの場合、通常時と違って身体のホルモンバランスなどが不安定になっているため、こういったツボ押しによる刺激によって、胎児に影響を与えてしまう恐れがあります。
またツボ押しというのは、他人にしてもらう場合、思った以上に強い力を掛けて身体の一部を押され続けることになります。
その行為は、下腹部に余計な負荷を掛けてしまうことにつながるため、胎児にとって非常に危険なため、ツボ押しだけではなくマッサージなどもできるだけ行わない方がいいとされています。
具体的な例として、膝の骨の内側上端から指3本分上にある「血海」と呼ばれるツボを刺激することで、子宮の動きを活発にしてしまうという特徴があります。
妊娠初期にこのツボを押してしまうと、流産をする可能性があります。
同じように、手の親指と人差し指の間にある「合谷」というツボは、刺激されると子宮の収縮を誘発してしまいます。
このように腹部だけに限らず、子宮や卵巣に影響を与えるツボは、身体の至るところに点在しているため、肩こりを解消するためであっても、ツボ押しをすることで、思わぬ結果を生み出してしまう場合があります。
したがって、妊娠中の肩こり対策としては、ツボ押しは向いていないといえます。
鍼灸院やつぼマッサージ店などでも、妊娠中の女性や、妊娠している可能性がある人に対しては、最初から施術を断っているという店も多くなっています。
ですので、自己判断で大丈夫だろうとツボ押しをすることも、控えることが賢明です。