腕を前に伸ばして肩の高さに上下する運動

腕を前に伸ばして肩の高さに上下する運動

肩こりを解消してくれるストレッチには、いくつかの種類があります。
そのなかでも、自宅や職場のような限られたスペースでも手軽にできるストレッチとして、腕を前に伸ばして肩の高さに上下する運動があります。
肩やその周辺の筋肉をほぐして、血の流れをよくすることが、肩こりには最も効果的なものとなっています。
しかしながら、普段あまり運動をしない人が、過酷な運動によって急激に筋肉を動かすと、かえって筋肉を痛めたり、肩こりの症状をひどくすることにつながってしまいます。
その点、この腕を前に伸ばして肩の高さに上下する運動は、年齢や性別を問わないで誰にでも行えますし、特別な力を込める必要もなく、さらには座ったままでもできるため、肩こり解消に非常に効果的だといえるでしょう。
肩の関節は、前後左右にほぼ360度に渡って動くことができるという、身体のなかでも珍しい関節です。
さらに上腕筋や肩甲骨ともつながっていることから、腕を伸ばして上下に揺り動かすことで、上半身の筋肉を中心に肩の筋肉を動かすことができるというわけです。
この運動の利点として、肩にこりを感じたときに数回行うだけでいいので、時間がない人でも簡単にすることができます。
また、同じ姿勢を取り続けることが多い、デスクワークをしている人に効果的で、こりをほぐすだけではなく、気分をリフレッシュさせてくれる効果も期待できます。
この動きをする際に、腹筋に力を込めたり、背筋をきちんと伸ばすことで、エネルギーを消費することにも繋がるため、ダイエットや体型維持を目的として行う人も少なくありません。
適度に身体を動かすことが、肩こりを解消するのに重要なポイントだといえることからも、痛みや疲労を感じない程度に、この運動を行うことが望ましいでしょう。
しかし、ある程度は継続して行うことで、より効果が発揮されてくるので、1日当たりに行う回数は少なくなっても、毎日続けていくことが大切です。