肩を回す動きは肩こりに良い?

肩を回す動きは肩こりに良い?

肩こりというのは、同じ姿勢を取り続けることで肩やその周辺の筋肉が固まってしまうことが、大きな原因の1つとなっています。
つまり、普段からできるだけ肩を動かしてあげることが、肩こり解消にとって重要な動作となります。
しかしながら、よく肩を動かしてストレッチをしているのに、肩こりが取れないという人も少なくありません。
その要因として考えられるのは、間違った肩の回し方をしているからかもしれません。
ただ闇雲にグルグルと肩を回していると、場合によっては筋を違えたりといった、逆効果を生む結果にもつながります。
また、過度に肩を回し続けることも、身体に負担が掛かってしまうので、注意しなければなりません。
では、どういった肩の回し方が肩こりに対して効果的になるのかというと、ポイントとしては肩甲骨が挙げられるようです。
肩こりで悩んでいる人の多くは、この肩甲骨の動きが悪くなっている人が多いです。
したがって、肩や腕を回すときには、背中にある肩甲骨もしっかりと動かしていくことが重要になっていきます。
左右にある肩甲骨を真ん中に寄せることを意識しながら肩を回していくのが大切です。
また肩を回すときに、両肘を横に突き出して、肩ではなく肘先で円を描くように意識してグルグルと回してあげると、肩甲骨がよく動くようになります。
肘で円を描くときには、できるだけ大きな円を描くようなつもりで回してあげるのがいいでしょう。
この方法ですと、腕と連動する形で肩もしっかりと動いてくれるため、凝り固まった筋肉をほぐして血流をよくしていくことができます。
肩を回すスピードを早くする必要はなく、深呼吸をして身体のリズムを整えながらゆっくりと回してあげるほうが効果的だといわれています。
1日に行う回数も、仕事の合間や就寝前など、肩こりを感じたときに数回行う程度で問題ありません。
反対にやりすぎてしまうと、疲れだけが溜まってしまうので、効果が半減してしまいます。