肩こり対策に鋤のポーズ

肩こり対策に鋤のポーズ

つらい肩こりを解消するためには、ストレッチを行うという方法があります。
ストレッチには、血行をよくして、筋肉の緊張をほぐしてくれるという効果があります。
また、心をリラックスして、プレッシャーを感じにくい身体にしてくれるという効果もあります。
ストレッチの中には、ヨガの猫のポーズを応用したものなどもあり、ヨガのポーズも肩こりに対する効果が期待されます。
ヨガの中で逆転系のポーズがあります。
肩立ちのポーズ、鋤のポーズ等です。
このポーズは、頭が下、足が上になります。
そのことで、内臓が逆になり、活力が増します。
そのポーズを取っている間は、脚は重力から解放されて、血行が良くなります。
むくみや疲れが取れるのです。
このポーズは首や背中、腰などに負担がかかるために身体を十分に温めて行います。
また、このポーズをとっている途中でよそ見をするのは危険です。
実践前に深呼吸をするなど、リラックスした状態で行うようにします。
首の後ろの出っ張った部分に負担がかかるので、正しい方法を熟知しておくことが大切です。
逆転系のポーズで肩立ちのポーズですが、仰向けに寝た状態から、脚を上げてまっすぐ肩で床の上に立った状態を作ります。
鋤のポーズのほうですが、まず両手両足を伸ばして仰向けに寝ます。
息を吸いながら足を床と垂直になるまで上げて、息を吐きながら脚をさらに曲げ、つま先が床に付くようにします。
ゆっくりと呼吸をしながら、胸を反らせて、骨盤を高く持ち上げます。
この姿勢で静止して、5回ほど呼吸します。
息を吸いながら、ゆっくり背中を床に添わせるようにして、脚を伸ばしたままで床に戻してあげます。
この時に、一本一本の背骨を床に付けるようにするとよいでしょう。
この鋤のポーズは肩立ちのポーズから引き続いて行われます。
肩こりや首の疲れなどに効果があるだけでなく、背骨を柔軟にしたり、腹筋を強化したり、脚、背中、首筋の引き締めの効果もあります。
疲れもや頭部の詰まり、内臓などにも効果があるポーズです。