肩こり対策には毎日無理のないストレッチが有効

肩こり対策には毎日無理のないストレッチが有効

肩こりの首から肩にかけての重苦しいこりや痛みはとてもつらく、不快な症状でもあります。
首や肩だけにとどまらず、頭痛までを引き起こすこともあります。
重たい頭を支えて二足歩行をしている私達人間は、もともと肩こりが起きやすいものです。
さらに、パソコンやデスクワークなどで長時間同じ姿勢をとっている、冷えや強いストレスを日々感じているという人は特に発症しやすいでしょう。
まず、自分自身の姿勢など日常の習慣を見直してみると良いでしょう。
そのうえで、毎日の生活にストレッチ運動を取り入れると、血行促進や気分転換にもなり効果的です。
ストレッチ運動は、痛みを我慢するような無理はせずに、自分が気持ち良いと思える程度を目安にしてください。
その際、息は止めずに自然な呼吸で行うのがポイントです。
まず、両肩にそれぞれの方向の手のひら(右肩に右の手のひら、左肩に左の手のひら)を乗せて、脇を広げるように前と後ろに各1分程、大きく回してみてください。
たったそれだけでも、肩がゴリゴリと音をたててほぐれる感覚があるでしょう。
それから、両うでを上に伸ばし、頭の後ろで肘を反対側の手でつかみ背伸びをするように体を伸ばしてみてください。
その際、余裕がある人は、組んでいる手を後頭部で押すようにすると胸のストレッチにもなります。
また、肘を曲げている方の体を脇が伸びるように横に傾けるとより効果的です。
このストレッチは、イスに座ったままでもできるので、自宅だけではなくオフィスなどでも気軽にやっていただけるものです。
仕事が忙しくて運動をする時間がないという方にも短時間で場所を選ばずにできるので、毎日継続してやってみてください。
デスクワークの合間の気分転換や疲れた時にぜひおためしください。
ただし、あまりにも激しい痛みや急な痛みなどは、ケガや病気からきている場合もありますので、気になる方は無理をせずに医療機関に行かれることをおすすめします。