ストレッチで筋肉の緊張を解く

ストレッチで筋肉の緊張を解く

肩こりは、同じ態勢を長い時間繰り返していることによって、筋肉が緊張することで起こる症状です。
そのほかにも精神的な要因や寒冷、喫煙などによって、こっている部分に悪影響を及ぼすこともあります。
病気が原因になって起こる肩こりなどもありますから、よく確かめた上で原因について分析する必要があります。
たとえば心の病気も関係していて、ストレスがきっかけになって肩こりが起こるということも少なくありません。
また歯の病気、背骨や関節などの病気からも肩こりが起こることはあります。
さらに、病気が原因ではない肩こりもあります。
冷え性や下着が合わないなど、ほかにも運動後による筋肉疲労、仕事をするときの姿勢、運動不足やホルモンバランスなどによっても肩こりの症状は見られます。
一義的に考えず、原因のおおもとを探っていくことは重要です。
日常の生活習慣において何があてはまるのかということを突き詰めることも、ひとつの手段であるということができるでしょう。
ストレッチとは、筋肉の緊張を解き放つ動きのことをいいます。
ストレッチは気軽に取り組むことができるため、仕事の休憩時間や家事の合間などに取り入れれば、肩こりの解消や予防だけでなくリフレッシュとしても役に立ちます。
あまり力を込めて無理にストレッチをしてしまうと、筋肉が逆に疲労してしまい、呼吸を止めて行ってしまうと、心臓に負担がかかり、筋肉は緩みません。
必ず動きの途中で、息を止めないようにしましょう。
他にストレッチのコツとしては、絶対に力をこめて無理に行わないこと、動きに反動をつけないこと、息を止めず自然な呼吸を続けながら行うこと、体をあたためてから行うことなどが挙げられます。
注意点としては、肩から手にかけてしびれやひどい痛みがあるときやめまい、胸部の痛みがあるとき、またケガをしている場合や手術後も避けるようにしましょう。
このような症状が出ている場合は、専門医に診てもらうとよいでしょう。
無理にストレッチを行うのではなく、空いた時間などを利用して行うということがいちばんです。