肩こりの温熱療法

肩こりの温熱療法

温熱療法は、理学療法のひとつで、身体を温めて病気を治そうというものです。
温熱療法自体は古代より行われており、日光浴や温泉浴など日常的に行われているものから、光線や電気などの熱源を利用するものがあります。
肩こりの温熱療法は、慢性化したひどい肩こりなどに対して、整形外科などの医療機関で行われています
熱や電磁波、超音波などのエネルギーを患部にあてることで、痛みの軽減、血流の改善、リラクゼーション効果の取得などを図ります。
肩こりは、僧帽筋などの筋肉が緊張すると血液の流れが悪くなり、筋肉に老廃物がたまってしまうことからおこります。
温熱療法では、患部を温め血行をよくし、老廃物を排出させることで、慢性的な肩こりを改善していきます。
このような肩こりにおける温熱治療のひとつに、ホットパック療法があります。
ホットパックと呼ばれる蓄熱材が入ったパックによって、患部を包み、患部の内側から温めていきます。
ホットバックは温熱刺激が強く、身体の深部まで温めることができ、血行を良くする効果が大きいといわれています。
こうして血行が良くなった結果、筋肉もほぐれ、肩こりの症状を改善することができます。
ホットパック療法は、マッサージや電気療法などと併用すると、一層効果を上げることができるとされています。
このほかにも、赤外線やマイクロ波などを用いて、患部を温める方法があります。
マイクロ波は、第二次世界大戦後に普及した、比較的新しい温熱療法のひとつです。
電子レンジなどにも用いられていますが、生体の深部組織から温めるという性質をもっており、特に水分をよく含む筋膜付近を温めるという作用があります。
こうした温熱治療には、肩こりの症状を改善するとともに、新陳代謝をよくしたり、筋緊張の緩和、靭帯、腱、関節包などの線維性結合組織の伸長性を高めたりする効果があることも確認されています。
こうした肩こりの温熱療法は、その治療効果を上げるためにも、継続して治療を受けていくことが大切です。