肩こりでの病院受診に際して問診での注意点

肩こりでの病院受診に際して問診での注意点

肩こりになる原因は、仕事の関係で同じ姿勢が続く、運動不足など人によって様々です。
肩に重たい物を載せたような痛みを感じる、頭痛まで出てきたこういった症状が出てくると要注意です。
肩こりで病院に行くことには抵抗があるかもしれませんが、放っておくと大変なことになるかもしれません。
そうなる前に病院に行って、検査を受けることは大切なことなのです。
肩こりになった場合に、整形外科に行くと、筋肉が固くなったような辛い症状を診てもらえます。
そして、それから詳しい検査をすることを勧められ、肩こりに潜む重い症状を知り、驚くこともあります。
肩こりに伴い、頭痛やめまいなども感じる人は、神経内科に行くこともあります。
さらに、脳への異常も心配する人は、脳神経外科に行くこともあります。
この場合、心配していた脳には異常がなく、頸椎に疾患があるという診察結果が出ることもあります。
脳神経外科で、脳の疾患の他に、背骨や脊髄についても検査を受けることができるのです。
肩こりで病院に行く場合には、医師に的確に要領よく症状を伝えることは大切なことです。
最初に問診票を記入する場合もあれば、口頭で問診が行われる場合もあります。
口頭の問診では、たいていは医師が上手に、肩こりの症状を聞き出してくれます。
患者のほうも、話すポイントをしっかりとつかんでおくと、問診がより効率的に行われます。
そのために、症状についてあらかじめメモなどしておくと、良いでしょう。
メモをするポイントは、次のようなことです。
まず、主な症状と症状が起こる部位です。
以前も同じような症状があったのであれば、過去の記録を調べるなどしてメモしておくとよいですし、今回の症状で手術を受けた経験があれば、その時期などをメモしておきます。
また、症状の進行具合も大切です。
今、症状が緩和されてきているのか、むしろ悪化しているのか、どんな時に痛みが楽になり、どんなときに痛みが辛くなるのかなども把握しておきます。
現在飲んでいる薬や治療中の病気も肩こりと関係があるかもしれません。
できれば、お薬手帳などを持って行くと良いでしょう。