肩こりで整骨院へ

肩こりで整骨院へ

整骨院は、本来のメイン治療である「ほねつぎ」という捻挫や脱臼の応急処置だけではなく、骨や身体のバランスを整える「整骨」を主に行う接骨院のことを指す言葉です。
基本的な役割は、整骨院も接骨院も変わりがなく、どちらも国家資格である柔道整復師によって開かれている施設となっています。
整骨院での肩こりの治療には、柔道整復師による手技療法が行われることが多いようです。
低周波治療やローラーなどの医療機器による治療もありますが、肩こりを治す目的で整骨院を訪れる人は、手技療法を求める人が多くなっています。
柔道整復師の手技によって、肩や首周りの筋肉をほぐすことができ、肩こりの解消につながっていきます。
こういった整骨院での肩こり治療を受ける際に気をつけなければならないこととして、支払い形態が挙げられます。
整骨院では、捻挫や打撲などの怪我に対する治療行為には保険診療が適応されますが、慢性的な肩こりの治療に対しては全額自費で賄わなければならない場合が多くなっています。
しかしながら、最近では整骨院の数が増えており、また駅前などにはリラックスを目的としたクイックマッサージなどの施設もあることから、全額自費負担でもそこまで高額になる場合は少ないようです。
ですが、整骨院での肩こりに関する治療は、医療行為ではなく代替医療と呼ばれる範囲になりますので、何度通っても肩こりに改善が見られなかったり、あるいは余計に症状が悪化してしまうといったケースもあるようです。
ですので、最初から整骨院だけに治療を頼りきるのではなく、整形外科などを受診することも重要だといえるでしょう。
また、医師免許が必要ではないため、アルバイトが施術をしていたりといった整骨院もなかにはあるようなので、事前にその整骨院の評判などを調べてみるのがいいかもしれません。
病院によっては、整形外科と接骨院が連携しているところもあります。
そういった医療と代替医療を総合的に取り入れたところの方が、安心して利用することができるでしょう。