肩こりで接骨院へ

肩こりで接骨院へ

接骨院は、柔道整復師という国家資格を取得している人のみが開くことができます。
医療類似行為と呼ばれている、柔道整復術を行なうことが目的となっており、「整骨院」や「ほねつぎ」と呼ばれる場合も多いです。
接骨院では基本的には、急性や亜急性の捻挫や打撲に対する施術が中心となっていて、骨折や脱臼の応急処置も行うことが可能となっています。
こういった施術に関しては健康保険の対象となっているため保険診療が受けられますが、慢性的な肩こりや腰痛などの治療を接骨院で受診する場合には、大抵の場合において健康保険の適応ができないことになっていますので、注意が必要です。
接骨院での肩こりの治療方法の手順としては、初診の場合は詳細な問診やカウンセリングから始まることになります。
肩こりが始まった時期や、痛みの部位、その度合などについて患者さんから話を聞きながら、触診や視診が行われ、痛みの原因などについて柔道整復術が判断していきます。
この時点で、今後の治療方針などについての説明が行われることが多いので、疑問に思うことがあればしっかりと質問をしていくことが重要でしょう。
柔道整復師の治療方法は、手技を使って治療を行う徒手療法が一般的です。
接骨院に肩こりの治療で訪れる人の大部分は、この手技によるマッサージを目的としています。
このマッサージによって、肩こりの原因となっている肩や首筋の筋肉の緊張をほぐしたり、血流をよくする効果を得ることができます。
そのほかに低周波治療などの微弱な電流を流す電気治療器を用いる治療法も、接骨院では行われることが多くなっています。
いずれの治療法でも、筋肉の緊張をほぐしてコリをとることが治療の目的となっています。
またローラーなどを用いた物理療法などもあり、接骨院によってその施術に違いが見られますので、事前に確認をしておく必要があるでしょう。
支払い料金に関しても、保健適用外の場合はとくに施術前の確認が大切です。