肩こりでペインクリニックへ

肩こりでペインクリニックへ

長期間にわたって肩こりに悩まされ、ひどいときには夜も眠れないくらいの激しい痛みを覚えるという人も少なくありません。
整形外科や神経内科など、肩こりの原因を探してさまざまな病院を訪れても改善の兆しが見えないと、すでに肩こりを治すことを諦めてしまう前に、ペインクリニックを訪れてみるのもいいかもしれません。
ペインクリニックとは、疼痛を主訴とする疾患の診療部門で、基本的には麻酔科の医師が行なっています。
肩こりの痛みのほかに、偏頭痛や肋間神経痛、めまいや耳鳴りといった、さまざまな疾患の痛みに対処していくクリニックです。
ペインクリニックで肩こりの痛みに対する治療を行うときは、まず肩こりに関する詳しい問診とエックス線検査などを行うことから始まります。
基本的に、ペインクリニックに肩こりの痛みで訪れる患者さんは、これまでさまざまな治療法を試したけれど改善が見られないという患者さんが多いので、今後の治療方針を立てるためにも、これまでの肩こりの痛み度合いや、施した治療について、詳しい説明を求められます。
ひと通りの問診が終わると、1人1人の患者さんに即した治療が行われていきます。
脳腫瘍やヘルニアといったように、肩こりの原因が明らかな場合には、それぞれの専門の科へ転科することになりますが、頭痛や筋肉の緊張といったように慢性化した肩こりの場合には、治療ブロック注射、点滴治療、内服治療、理学療法、心理療法を上手に組み合わせる形で行われます。
とくにペインクリニックで行われるブロック注射は、肩こりの要因となる神経の情報を断ち切る働きがあり、これまで痛みによって常に緊張状態だった神経をリラックスさせていく効果があります。
これにより、肩や首の周囲の血流がよくなって、これまでのマッサージでは届かないような深部のコリをほぐしていきます。
肩こりの痛みは、1度の治療で完治するということはありませんので、継続して治療を行なっていくことが望ましいでしょう。