肩こりで脳神経外科へ

肩こりで脳神経外科へ

肩こりとは、肩付近の筋肉が緊張することで血の流れが悪くなることから引き起こされます。
しかしながら、肩こりになってしまう原因には関節疾患や筋肉疲労、歯列不良や心因性のものなど、さまざまなものが挙げられます。
脳神経外科を訪れる患者さんのほとんどは、肩こりと同時にひどい頭痛やめまい、嘔吐感といった脳に関する症状を患っているようです。
したがって肩こり自体の治療というよりも、脳に何らかの異常があるのではないかと心配して受診をするケースが多くなっています。
脳神経外科では、そういった頭痛や肩こりの原因が、クモ膜下出血や脳腫瘍のせいなのかどうかを、CTスキャンやMRIを用いて調べていくことになります。
左右のどちらかだけ手足が痺れたり、嘔吐感が非常に強いといった症状が肩こりと同時に見られる場合には、脳に問題があるケースが多いといえるでしょう。
結果的に脳に異常がない場合でも、頚椎の疾患が見つかることもあるため、脳神経外科では背骨や背骨の中央にある脊髄についても検査を受けていくことができます。
とくに、頚椎の生理的湾曲が乏しく、7個ある頚椎がほぼ真っすぐに配列されてしまっているストレートネックと呼ばれる症状をもつ患者さんは、首周りの筋肉の血流が悪化するために、肩こりや痛みを強く感じてしまうようです。
脳に腫瘍がなくても起こる病気のなかに、緊張性頭痛や偏頭痛があります。
こういった緊張性頭痛や偏頭痛が原因で引き起こされる肩こりの治療も、脳神経外科で行なっていきます。
これらの頭痛の原因を特定することは非常に難しく、完治しにくい疾患だといわれていますが、できるだけ症状を緩和するような治療を行なっていくことで、肩こりが改善される場合も多くなっています。
頭痛を抑えるための鎮暈薬の点滴や、ビタミンB1や12を多く含んだ点滴を施したり、市販の頭痛薬を服用するなど、内服治療が主なものとなっていて、定期的に経過を観察していくこととなります。