悪化して手を上げると痛みが?

悪化して手を上げると痛みが?

肩こりは悪化すると、手を上げた際に痛みが発生するということがあります。
痛みが発生する場所については個人差がありますが、一般的には肩の後方が痛むというケースが多くなっています。
そして痛みが発生する場所によって、その原因は異なります。
例えば手を上げた際に肩の後方が痛むという場合には、原因としては首の骨と肩甲骨とを繋いでいる筋肉が、拘縮した状態にあるということが疑われます。
そのため対処法としては、痛みのある肩の後方の筋肉をほぐすというのではなく、首や肩の前方の肩甲骨のあたりの筋肉をほぐすということが、ポイントとなります。
通常痛みがある際には、その場所の筋肉をほぐすということに意識が集中してしまいがちですが、肩こりに関しては、原因の元を緩和させるということが大切となります。
肩の可動域は肩関節と肩甲骨の可動域によって決まるため、手を上げた際に後方に痛みが生じる際には、肩の前方の筋肉をほぐすようにすると良いでしょう。
また肩こりは悪化すると、痛みによって腕を水平以上に上げることができなくなるということもあります。
この場合にも、肩甲骨あたりの筋肉が、拘縮しているということが疑われます。
通常腕は、水平状態までは肩関節の可動域のみで上げることができます。
しかし水平から上に関しては、肩甲骨の可動域が重要となります。
肩甲骨が後ろから見てハの字に開くことによって、腕を上まで上げることができます。
肩甲骨のあたりに手を添えながら腕を上げてみると、その動きがよくわかることでしょう。
そしてこの肩甲骨のあたりの筋肉が拘縮した状態となると、腕は水平から上まで上げられなくなるということになります。
この場合も対処法としては、肩甲骨の可動域あたりの筋肉をほぐすということがポイントとなります。
筋肉の拘縮は自分ではなかなかほぐすことが難しいため、マッサージ医院や整体院などといった専門機関で、ほぐしてもらうことが効果的となるでしょう。