頸椎の老化による肩こり

頸椎の老化による肩こり

人間の重い頭を支える首は、常に大きな負荷がかかっています。
横になって安静にしていても、枕の位置やベッドの傾き具合によっては、首に負荷がかかることもあります。
首に負担のかかることがなぜ問題になるかというと、頚椎をいためてしまうことにあります。
頚椎とは、首から腰下まで身体を支える脊椎骨の中でも、特に1番上から7番目までの椎骨のことで、頭を支える骨です。
その頚椎は、頭を動かしたり、首を動かす上で非常に大事な役割を果たしています。
頚椎には椎間板があり、頚椎に負荷がかかると、この椎間板が損傷してしまうことが問題になります。
椎間板はクッションの役割を果たしていますが、負荷がかかると、磨り減ったり飛び出したりします。
磨り減ると椎骨同士がぶつかるため、痛みを感じるようになったりします。
飛び出した場合には、脊髄や神経を傷つけたり圧迫するため、痛みや痺れなどを感じます。
いわゆる、ヘルニアを起こしてしまいます。
脊髄や神経に刺激を与えてしまうため、肩こりや腕や脚の痺れの他、正常な姿勢が取れなかったり、首を動かすと痛みが発生してしまいます。
これらは、頚椎に負荷がかかった場合と紹介しましたが、頚椎の老化による場合もあります。
頚椎が老化すると、変形性頚椎症といって、椎間板のクッション性の低下や、頚椎周囲の筋肉やじん帯が衰えることによって、頚椎が不安定になりがちです。
こうした頚椎の老化によっても、肩こりや手足の痺れは起こりえます。
他にも、めまいや耳鳴り、手足の動きがぎこちなくなるなどの症状があります。
ただし、老化に伴って必ず症状が出ることもありません。
首への負担や衝撃がかかると、若い間にも発症することはありえます。
適度な運動と、ストレッチや休息をうまく取り入れることで、首周りの筋肉を鍛えつつ、負荷を減らしてあげることが大切です。
首周りに痛みや違和感を感じるだけでなく、手足が動かしにくい、痺れるような症状が表れた場合は、すぐに整形外科などの専門医に診てもらうようにして、症状の進行を止めることが必要です。