肩こりと消炎鎮痛剤

肩こりと消炎鎮痛剤

肩こりの多くは、肩周りの筋肉が疲労や緊張などによって、炎症を起こしていることがあります。
その場合には、疲労回復のために栄養や休養を取ることも大切ですが、まずは炎症を抑えてあげることが大切です。
炎症が続いている状態では、なかなか筋肉の回復が行われません。
そのための薬として、消炎鎮痛剤があります。
肩こりの消炎鎮痛剤として有名なのは、冷湿布や温湿布です。
他にも、内服用の消炎鎮痛剤や、塗るタイプの消炎鎮痛剤があります。
外用薬のメリットは、気軽に利用しやすいことにあります。
特に最近では、塗るタイプやスプレータイプの消炎鎮痛剤に人気があり、手軽に使う人が増えています。
ただし、湿布を含め外用薬としての消炎鎮痛剤は、肌の弱い方やアレルギーのある方にはあまり向いていないため、事前にバッチテストを行うなど、肌がかぶれないか注意することが必要です。
また、温湿布や冷湿布のように、同じ湿布でも目的や用途が違うものもあるため、自分の肩こりが何から引き起こされているかによって、自分に合った消炎鎮痛剤を利用することです。
そのためにも、1度医療機関で診てもらい、どのような消炎鎮痛剤を使うか、医師に相談してみると良いでしょう。
医療機関や専門家の場合、外用薬だけでなく、内服薬の消炎鎮痛剤を薦めてくることもあります。
内服薬の消炎鎮痛剤は、食後に水とともに服用するものが多く、一時的に痛みを緩和することができます。
ただし、内服薬の消炎鎮痛剤の中には、胃や腸を荒らしたりする副作用があるものもあるため、胃や腸があまり丈夫でない肩、薬を飲みなれていない方は、事前に医師に告げておくことが必要です。
外用薬にしても内服薬にしても、肩こりがひどいときに症状を緩和させるためには、適切な手段の1つです。
用法や用量を守り、常用しなければ、副作用もそれほど気にしなくてもいい場合もあります。
消炎鎮痛剤が有効な肩こりの場合は、是非利用すると良いでしょう。