肩こりと肩関節周囲炎

肩こりと肩関節周囲炎

首や肩まわりの筋肉や関節は、加齢と共に徐々に衰え、動きにくくなります。
中年以上の方に最も多く見られる肩の異常といえば、原因がはっきりしない肩の痛みや肩こりです。
これらは四十肩や五十肩という名称で肩関節の異常が良く知られていますが、正式には肩関節周囲炎という名前があります。
あくまでも40代や50代の患者が多いという理由だけでこのような名前になっていますが、実際には30歳前後ぐらいから発症する人もいます。
肩関節周囲炎は、骨や関節などの磨耗や老化によって、肩関節の周囲の組織で炎症が起きている状態です。
肩関節周囲炎は、痛みがひどい急性期と、痛みはある程度収治まるものの、鈍い痛みが続く慢性期とに分かれます。
肩関節周囲炎を発症すると、肩に痛みを感じ、腕を動かしにくくなります。
そのまま何の対処もしない場合、痛みはひどく、腕の可動範囲がどんどん少なくなり、日常生活に支障をきたします。
肩こりにはない症状も多く、肩こり以上に大変な状態になります。
急に肩の痛みを感じたり、肩こりのような症状に痛みを伴うように変化したのであれば、肩関節周囲炎の疑いもあります。
ただの肩こりと思わず、年齢を重ねてきたら早め早めに医療施設に赴き、診断してもらうことで、早めの発見と対処をすることが大切です。
肩関節周囲炎を1度発症すると、しっかりと原因を取り除き、適切なケアをしながら、気長にリハビリを続けるしかありません。
肩関節周囲炎にならないようにするためには、定期的に肩関節を動かす運動を適度に行ったり、肩関節周辺の筋肉を鍛えること、栄養バランスの良い食事を取ることで栄養や酸素を筋肉に行き渡るようにすることなどがあります。
肩関節周囲炎になった場合は、急性期には痛みをとるために患部を冷やし、安静にすることが大切です。
慢性期に移行したら、無理に動かさない程度に肩の筋肉を動かし、可動領域を少しずつ広げるように体操やストレッチをすることが大切です。
肩の調子が悪くて肩こりや肩関節周囲炎ではないかと気になる場合は、自分で判断せず医師に診てもらうことです。