肩こりと胸椎の炎症

肩こりと胸椎の炎症

肩こりで悩む人の中には、胸椎で炎症を起こしている場合があります。
肩こりの原因といえば、肩や首周りの筋肉が過剰に緊張している場合や、ストレス、眼精疲労であるなど、様々な原因が考えられますが、他にも様々な部位が原因となることがあります。
なぜ胸椎で炎症を起こしている場合があるかというと、胸椎は身体を支える背骨、つまり脊椎の中ほどであり、脊髄などの神経が通っています。
さらに、胸椎は多くの関節とつながっていたり、肋骨につながる部分です。
この胸椎が歪んでいると、神経を圧迫したり、姿勢の歪みにつながります。
椎間板ヘルニアや変形性頚椎症などの病気を起こしている場合、胸椎に炎症が起こっていると肩こりの痛みを引き起こすことがあるとされています。
また、胸椎には棘突起という骨があり、靭帯とつながっています。
激しい運動で靭帯が損傷して炎症が起こる他、日常生活での家事や、階段での上り下りなどでも、靭帯が損傷することはあります。
身体をひねったりすることなどでも、無理な姿勢になるやすいため、靭帯が損傷し、胸椎で炎症が起こってしまうことがあります。
胸椎の炎症によって背中が痛くなり、かばうように動くと身体が不自然な動きになってしまうため、肩や背中の筋肉に負荷をかけてしまいます。
このように、病気や損傷が原因となって引き起こされる肩こりもあります。
肩こりでマッサージや温熱療法などをしても、原因が胸椎の炎症であれば、肩こりは解消することは出来ません。
胸椎棘突起の靭帯損傷については、胸椎を手で押してみて痛みが強くなれば、靭帯を損傷していることを疑うことが出来ますが、その限りではない場合もあります。
靭帯の損傷の場合、靭帯の癒着を待つ保存療法で治療は可能ですが、本当にそれでよいかどうか素人にはなかなか判断できるものではありません。
肩こり以外に痛みやしびれを感じる場合は、速やかに医師に相談することです。
原因が分からない肩こりで悩んでいる方は、良い機会と考えて全身に異常がないか検査してみることをお勧めします。