肩こりと頸椎脊柱管狭窄症

肩こりと頸椎脊柱管狭窄症

肩こりが症状としてあらわれる神経症状のなかのひとつに、頸椎脊柱管狭窄症があります。
頸椎脊柱管狭窄症とは、脊柱管が狭くなって脊髄や神経根が圧迫されておこるもので、頸椎部分におこるものがこうよばれています。
頸椎つまり首の骨には、脳から続いている神経が通る管である脊髄が、柱のように上下に貫かれていて、これを頸部脊柱管とよびます。
脊柱管は、首から下の機能をつかさどる通信回線の基幹線のようなものです。
先天的にこの脊柱管が狭かったり、加齢や外傷、炎症により、頸椎のクッション的な役割を果たす椎間板が傷んだり、頸椎が変形したり、背骨がずれたり、靭帯が厚くなったりして脊髄や神経根が圧迫されると頸椎部脊柱管狭窄症がおこります。
他にも、頚椎椎間板ヘルニアや変形性頚椎症などが原因で、頸椎脊柱管狭窄症に移行するケースが多く見られます。
症状としては、首や肩の筋肉が緊張し、首の痛みや肩こり、首を前後に動かした際の、首の後ろから肩や上肢全体の痛みなどとともに、手や指の痺れ、細かい手先の作業が出来にくくなるといったものがあります。
頚椎に負荷のかかりにくい、うつむく、前傾姿勢などといった姿勢をとると脊柱管が広がるために楽になる場合もありますが、その場しのぎにしかなりません。
頸椎脊柱管狭窄症はゆるやかに症状が進むため見逃されやすいのですが、ほっておくと神経症状の悪化を招く場合があります。
手足のしびれや筋力低下、ひいては手先の細かい作業が困難になったり歩行困難になったりなどです。
こういったことからも、早めの治療が大切です。
整体やカイロプラクティック治療などでは、患部にこれ以上負担がかからないように身体のバランスを整えることで、症状が軽症の方であれば、エクササイズなどと共に行うことである程度症状を緩和することができるようです。
ただし、根本的な治療ではなく、またある程度症状が進行している場合、治療は鎮痛薬や筋弛緩薬などの薬物治療、コルセットの着用や牽引などを行います。
また症状が重い場合には手術をして神経の圧迫を取り除き、症状の軽快や進行の予防を図ります。