肩こりと変形性頸椎症

肩こりと変形性頸椎症

肩こりに悩まされている人は多く、ごくありふれた症状のように考えられがちですが、肩こりとともに首の痛みや背中の痛みが長く続く場合は、単なる筋肉の疲労や血行不良などが原因ではなく、変形性頸椎症が疑われる場合があります。
変形性頸椎症とは、その名の通り頚椎が変形し、神経や組織を圧迫することによって、頸椎部(首)の痛みや、肩こり、背中の痛みなどが表れ、肩こりは変形頚椎症の中で、最も多い症状であるといわれています。
変形性頚椎症は、首にある、頭を支える重要な骨である7個の椎骨からなる頸椎全体や、椎骨自体の形状が変化することによりおこるものです。
椎骨同士は、椎間板と椎間関節で連結されていますが、加齢とともに、椎間板の水分保持能力が低下し、内圧が減少して支持性が低下してしまいます。
その結果、椎体のまわりに骨の突出部分ができたり、椎間関節が擦り減ったりして変形がおきてしまうのです。
加齢によるものが一般的ですが、過去に激しいスポーツや、頸部を酷使する仕事などを行っている場合にも発症します。
発症した場合、飛び出た部分や磨り減った部分が圧迫や摩擦を繰り返し、頚椎周辺だけでなく神経を通じて様々な部分に痛みや痺れを感じるようになります。
頸椎の動きに応じて痛みが変化するため、横になって安静にしていると、症状が楽になることがあります。
また長時間の同一姿勢やそのままでの作業の他、姿勢が悪い状態を長く続けると頚椎に悪影響を及ぼすといわれているので、避けるようにします。
肩こりなどの上記の症状が長く続いたり、痛みや痺れがひどかったりした場合には、整形外科などを受診したほうがよいでしょう。
まずは現在の身体の状況と、肩こりだけなのかどうか、肩こり以外が原因であればその原因と要因を突き止めることが必要です。
治療は、消炎鎮痛薬、筋弛緩薬の内服や、温熱、レーザー、マッサージ、牽引、電気治療といった理学治療が主で、自分にあった治療法を見つけることが大切です。