胃炎との関係

胃炎との関係

肩こりは、肩周りの筋肉の緊張や血流悪化による栄養不足などの理由が大半ですが、それらを引き起こす原因には様々なものがあります。
その中でも、肩こりで悩む人の中に多いのが、胃の調子も悪いことが多いことです。
つまり、肩こりの原因が、食生活が不規則であったり、栄養バランスがきちんと整っていないことに起因しているのです。
肩こりで悩む人の中には、胃炎で悩む方も少なくありません。
もちろん、胃炎とはいっても様々で、大きく分けると急性胃炎や慢性胃炎に分類できますが、人によってどの胃炎で悩むかはそれぞれです。
胃炎が悪化すると胃潰瘍になるため、胃炎は早いうちに対処するべきです。
では、なぜ肩こりと胃炎が関係するかというと、横隔膜や胃の筋肉が肩につながっていることや、どちらもストレスや強い緊張によって引き起こされる場合があるということです。
また、胃炎はアルコールや薬物、ピロリ菌などによって、胃が荒らされた場合に起こることもあります。
ストレス解消などのためにアルコールや薬物に依存してストレスが解消できたとしても、胃の調子が悪くなったり、肝臓など他の臓器に負担をかけてしまうと、胃炎を引き起こしたり他の症状により体調不良になる可能性があります。
原因がはっきりしている場合は、胃炎は薬物療法で抑えることができます。
しかし、原因がはっきりしない場合は、ストレスや食生活の乱れによって発症していることがほとんどです。
根本的な治療のためにも、ストレスとなるものを出来るだけ遠ざけることや、栄養バランスの取れた食事を三食に分けて食べることが必要です。
肩こりにしても胃炎にしても、早め早めに医師に相談し、対処療法を行いながら、自分自身でも身体をリラックスさせる方法を見つけることです。
身体をリラックスさせ、血流を良くするとともに、疲れを取ることが大切です。
適度な運動が血流促進やストレス発散につながりますが、症状がひどい場合は無理せずゆっくり休むことも、時には必要です。