肩こりで首全体も痛む場合

肩こりで首全体も痛む場合

肩こりで首全体が痛む場合は、肩周りや背部の筋肉疲労などが原因の肩こりと同じような症状が見られるともに、首全体が張って締め付けられたような感じを受けたり、首の骨に負荷がかかっている感じであったり、頭痛を伴うことがあります。
首全体が痛む場合も、首周りの筋肉が過剰に緊張していたり、冷えなどにより血行が悪くなっていることが多くありますが、中には神経が圧迫されている場合もあります。
肩こりだけでなく首全体も痛む場合は、すぐ医師に相談することが大切です。
首周りの神経の圧迫や骨の歪み、痛みをそのままにしておくと、それをカバーしようと無意識に姿勢がおかしくなったり、筋肉の緊張を引き起こします。
そうするとより症状が悪化してしまいます。
肩や腕、手に痺れるような感じがあったり、力が入りにくいなどの症状が見られたら、重症である証拠ですので、すぐに整形外科で診てもらう必要があります。
他にも、首の痛みは寝違えている可能性もあります。
寝違えは、寝ている間の無理な姿勢や、枕が合っていない、前日の首の痛みが原因で発生したなど、様々な理由がありますが、肩こりや首のこりが原因で発生することもあります。
また、肩こりが姿勢のゆがみから来ていると、頚椎のずれや顎のずれなども首に痛みを感じる原因になることもあります。
いずれにしても、肩こりで首全体が痛む場合には、肩こり以外の原因が考えられます。
生活するうえで、肩こりはある程度避けられないものです。
ストレッチや運動、温めることである程度肩こりの症状は緩和することはできますが、筋肉の疲労や血行不良以外が原因で症状がひどい場合は医療機関に相談し、適切な処置をとることが、最も安全な方法です。
ストレスや疲労を感じやすい方は、無理や我慢をせず、一度診察してもらうと良いでしょう。
姿勢の歪みからくる肩こりの場合、整体やカイロなどで何度か施術をしてもらうだけで、痛みが大幅に緩和される場合もあります。