肩こりと手足のしびれ

肩こりと手足のしびれ

ふとしたときに手足のしびれを感じると、肩こりがひどいせいかもしれないと考える方もいるかもしれません。
肩こりが手足のしびれを引き起こすと考えがちですが、肩こりのみが原因ではなく、陰に様々な疾患が隠れていることがあります。
肩こりと手足のしびれの両方が症状に表れる疾患として、頸椎椎間板ヘルニアが考えられます。
首の部分は7つの骨が積み重なってできており、骨と骨の間には椎間板というクッションの役割を果たしている組織があります。
首に過度の負担がかかると、この椎間板が飛び出してしまい、脊椎や神経根を刺激してさまざまな症状を引き起こします。
これが頸椎椎間板ヘルニアです。
車の追突事故や、スポーツや武道などで首に衝撃を与えるなどした場合に発症しやすいむちうちと似ていますが、頚椎椎間板ヘルニアは度重なる外傷や、日常の肩こりを放置していることでも発生することがある疾患です。
椎間板が脊髄を刺激すると、肩こりや手足のしびれなどの症状が出てきます。
MRI検査を受けることで、頚椎間の変性や脊髄の圧迫状況などから重症度を判定できます。
症状が急性期の場合、マッサージや整体治療は避けるべきものとされており、装具を使って安静と固定が必要です。
このほかにも肩こりや手足のしびれを伴う疾患はいくつかありますが、女性の場合には線維筋痛症という疾患にも注意が必要です。
この疾患は原因がよくわかっていないのですが、肩こりや首筋の痛み、ふとももから足にかけての痛み・しびれなど辛い症状を引き起こすことが知られています。
このように、肩こりと手足のしびれには密接な関係があり、その原因に疾患が関係していることがあります。
肩周りや首周りにかけては脳と全身をつなぐ神経や血管が多く、身体の何処かが悪ければ不調のサインが出やすい部分でもあります。
肩こりや手足のしびれをいつもより強く、頻繁に感じるなどというときには、軽く考えずに早めに専門医を受診するとよいでしょう。