肩こりと頭の重さ

肩こりと頭の重さ

肩こりの原因はいろいろありますが、頭の重さによる首への負荷も原因の一つに挙げられています。
なにしろ平均すると人間の頭は4~5kg程度の重さであり、人の体のてっぺんにのっかっているわけですから身体への負担は相当なものです。
しかしながら人の体というのは精妙にできていて、元来頭の重さに耐えられるような構造になっているのです。
頭を支えているのは主に首の筋肉であり、肩まわりの筋肉です。
この首や肩、背中、腰などに上手く負荷が分散することで、部分的な筋肉の緊張が起こらないようになっています。
ではなぜ肩こりが起きるのでしょうか。
結論を先にいってしまえば、要は姿勢の悪さや不適切な日常動作の繰り返しによって肩こりは引き起こされてしまうのです。
このことは別に頭の重さによる肩こりだけではなくすべての肩こりに共通する要因でもあります。
多くの場合、勉強やデスクワークのときには肩が前方に巻き込んで背中が丸くなっていきます。
このとき首から肩甲骨にまたがる僧帽筋という大きな筋肉が引っ張られて緊張してしまっています。
しかも重い頭が前に傾くことによりその引っ張られる力は倍加することになります。
この状態が日常的に繰り返されることによって、筋肉の緊張が常態化して肩こりが発生するのです。
ではこれを防ぐにはどうしたらいいのでしょうか。
まず肩を引き肩甲骨を寄せて背筋を伸ばします。
この状態で仕事や勉強をするならば肩こりは起きません。
百歩譲って悪い姿勢で仕事をしたとしても、時々上記の姿勢に戻しておけば肩こりはかなり防ぐことができます。
自分ではなかなか気づかない悪い姿勢は、整形外科や整体で診てもらうとすぐに判断してもらえます。
筋肉や関節の調整により、ある程度通院することで正常な状態に戻すことも可能です。
また、正常な状態に戻れば、ストレッチなどによってある程度自分でも姿勢の歪みを正しく出来るようになることもあります。
首への負担を減らすためにも、普段から姿勢に気をつけることが大切です。