肩こり頭痛にコンタクトレンズの調整が有効?

肩こり頭痛にコンタクトレンズの調整が有効?

仕事中、あまりメガネが好きではないからと、メガネでなくコンタクトレンズをしている人は多いはず。
最近はパソコンでの仕事にも適したコンタクトレンズも多くなっています。
そんな人の中で、肩こり頭痛に悩まされている人もいることでしょう。
肩こり頭痛とは、一般には肩こりと頭痛が併発して起こることを言います。
実は、その原因は肩こりではなく、コンタクトレンズにあるかもしれません。
コンタクトレンズの度数が合わないから、もしくはハード・ソフトが合っていないから、疲れ目などの症状に陥る…といった原因が考えられます。
目の症状は、自覚症状はなくとも、肩や首の筋肉に影響をおよぼすことがあります。
目薬や目の周りのマッサージだけでも疲れが取れないなら、素直にコンタクトレンズが原因であると考えるのが自然でしょう。
コンタクトレンズを変えたら自然と肩こり頭痛が緩和された、という報告も聞きます。
そういったこともあるので、まずは眼科に行ってみるといいかもしれません。
また、コンタクトレンズ自体が実は体質にあっていないということがあります。
そんなときは素直にメガネに変えて、普段の仕事をしてみたほうがいいでしょう。