肩こり頭痛に歯並びの矯正が有効?

肩こり頭痛に歯並びの矯正が有効?

肩こり頭痛、と言われている頭痛は、元々頭部の筋肉が緊張することにより発生する緊張性頭痛であることが多いです。
肩の筋肉が緊張することにより、それが徐々に首や後頭部の筋肉を緊張させることにつながっていくのです。
しかし、頭の筋肉が緊張する原因は、何も肩こりだけではありません。
歯並びが悪く、歯をくいしばったりすることが多い人は少なからずいるでしょうが、そういった人も実は緊張性頭痛を引き起こしやすいのです。
肩こり頭痛を持っていてなおかつ歯並びが悪い人の中には、矯正をしてみると自然と治ったという人も少なくありません。
実は、そういったことも関係していることが明らかになっているのです。
歯並びが悪い人は、かみ合わせが悪くなったり、歯を食いしばってしまいがちになります。
そういった行為は、アゴから首筋にかけての筋肉が緊張しがちになってしまいます。
すると肩の筋肉や首の後ろの筋肉までもが緊張状態になり、そこから緊張性頭痛が発生します。
そういった原因で肩こり頭痛が起こってしまうこともあるということを、頭の隅に置いておいたほうがよいでしょう。
歯並びが悪いと自覚している人は、なるべくなら矯正に向かったほうがよい結果を得られることが多いのです。