肩こり頭痛とストレスコントロール

肩こり頭痛とストレスコントロール

過度の緊張やストレスによって肩こりとなり、肩こりが原因で肩こり頭痛を引き起こす人がいます。
肩こりや肩こり頭痛は、今を生きる人の多くが悩む現代病であるといえます。
肩こりの原因は、生活習慣の乱れ、仕事や人間関係での緊張やストレスであると言われています。
多くの方が収入を得るために働いていますが、職場では上司や同僚、部下に対して緊張やストレスを感じたり、取引先やお客に対しても緊張やストレスを感じる人がいます。
緊張やストレスは交感神経を高ぶらせ、筋肉が硬直してしまうため、肩こりを引き起こす原因の1つになります。
肩こりを解消するには、ストレスを上手くコントロールすることが大切です。
ストレスを上手くコントロールするためには、軽い運動やしっかりした睡眠など、自分にあった方法で発散することです。
何かに夢中になることで、悩みやストレスから一時的に離れやすくなります。
腹式呼吸をして心を落ち着かせるだけでも変わってきます。
肩こり頭痛の原因となる肩こり、その肩こりの原因となるものがストレスであるならば、そのストレスをいかに取り除くか、もしくは少しでも減らすことがポイントです。
日常的にストレスを感じているのであれば、まず何がストレスになっているのか、自分自身に問いかけてみることも大切です。