肩こり頭痛に抗不安薬

肩こり頭痛に抗不安薬

肩こり頭痛に悩む方の中には、緊張や疲労から来る不安やストレスが原因の場合があります。
もともと、肩こりは過度に筋肉が緊張したり、不安やストレスで神経を使いすぎ、首や肩周りの血流が悪くなることで発生することがほとんどです。
そのため、それらの原因がそのまま頭痛の種となっていることが考えられます。
肩こりでなくても、不安を抱えている人は、不安なことについて考えてばかりで神経を使いすぎるため、頭に負荷がかかり、頭痛を引き起こすようです。
肩こり頭痛が精神的な不安から来ているものであれば、対策として抗不安薬を服用してみるのも1つの手です。
抗不安薬は、主に不安障害の治療に用いられ、不安やそれらに関連する心理的、身体的症状の治療に役立ちます。
抗不安薬は抗うつ薬と同様に、向精神薬の1つであり、医師に相談の上で、適切に服用することが大切です。
薬によっては副作用や服用の難しさがあるため、身近な人に相談し、一緒に管理してもらうと良いでしょう。
また、抗不安薬でなくても、精神を落ち着かせる効果があるとされるアロマオイルやハーブなどでリラックスしたり、自分の好きなことを行うことで、不安を一時的にでも感じないようにすることが大切です。