肩こり頭痛に筋弛緩薬

肩こり頭痛に筋弛緩薬

肩こり頭痛という言葉が最近話題になりつつありますが、肩こり頭痛の原因とはいったいなんなのか、ご存知の人は少ないかもしれません。
肩こり頭痛は、肩から首、そして頭の筋肉が緊張することにより、頭を締め付けるような鈍い痛みが発生してしまうのが直接の流れと言われています。
筋肉が緊張しているなら、筋弛緩薬を使うといいのでは?と思われる方もいるでしょう。
また、肩こりに対する内服薬として筋弛緩薬を投与されている方もいるかもしれませんが、そういう方は、少しだけ悩ましい副作用があることをご存知のはずです。
筋弛緩薬は、軽いものであれば極度な緊張状態にある筋肉を解すのみですが、しかし量が多かれ少なかれ、細胞や神経に作用して筋肉を緩めるのが大きな働きです。
そのため、軽度のだるさや眠気が副作用としてあらわれることがあるのです。
日常生活において、それは少し危険なものでもあるうえ、日中仕事に影響が出ることもあるかと思います。
そして一時的に緩めるだけなので、放っておけばまた緊張状態に戻ってしまう事が多いのです。
あまりにも酷い肩こりであれば、筋弛緩薬入りの肩こり薬を飲み、そして長時間同じ体勢でいないように注意しましょう。