「肩こり頭痛」とセルフケア

「肩こり頭痛」とセルフケア

肩こり頭痛は、精神的ストレス、運動不足、姿勢の悪さ、疲れ目などが原因で起こります。
1日中パソコン作業をする人などに多く起こる頭痛です。
改善のためには、首や肩の緊張をほぐして血行をよくしてあげたり、ストレス解消法を考えなければなりません。
筋肉が緊張しすぎたときに肩こり頭痛は起き、ぎゅっと頭がしめつけられるようなつらく長い痛みが続きます。
冷え性の人であれば、さらに症状が悪化します。
肩こり頭痛の原因は血行不良ですので、血流を良くしてあげることが必要です。
ストレッチなどをして身体のコリをほぐし、お風呂に入ったら肩までしっかり温めましょう。
そうすれば痛みは和らぐはずです。
写経やジグソーパズルと言った単純作業をすることも、精神的にリラックスできるため効果的です。
副交感神経を有利にするよう、腹式呼吸をしてみましょう。
腹式呼吸は特に寝る前にすれば睡眠もばっちり、効果が高まります。
肩こり頭痛を起こしやすい人は、自分の緊張状態を自覚し、できるだけストレスをためこまないように努力してください。
自分が何をしたらリラックスできるのか考え、体操などスポーツで血液の改善をはかります。
スポーツをすれば血流は改善されます。
スポーツこそ、心身の健康には欠くことのできないものだと言えるでしょう。