肩こりと偏頭痛

肩こりと偏頭痛

偏頭痛持ちでなおかつ肩こりを併発している人は、偏頭痛の原因が肩こりであることが多いです。
思い返してみて、肩こりのほうが先に症状が出ていたという人は、間違い無く原因は肩こりです。
肩こりの原因として、肩や首の筋肉の緊張による発生が大きいのですが、筋肉は一度緊張状態になると、次々周辺の筋肉も緊張状態になります。
筋肉同士はつながっているので、当たり前とも言えますね。
その肩の筋肉が緊張しだすと、首、背中の筋肉が緊張していきます。
筋肉が緊張すると、血管が異常に収縮を繰り返し、血行も悪くなってしまいます。
それが頭部に伝わってしまうと、頭痛を引き起こしてしまうのです。
一番いい予防法は、肩、首周辺の血行をよくすることでしょう。
あまりにも偏頭痛で悩んでいる場合は、頭痛外来を訪ねてみるといいでしょう。
医師がどれが原因の偏頭痛なのか、そして治し方を一緒に相談してくれ、快方に向かっていきます。
一番いいのは生活習慣を改め、やはり、しっかり体を動かすようにすることでしょう。
体全体の血行をよくし、常日頃から血行をよくすることをしっかりと考えておけば、肩こりの予防にもなりますし、偏頭痛ともおさらばできるはずです。