肩こりを防ぐために身長を高く見せる立ち姿勢

肩こりを防ぐために身長を高く見せる立ち姿勢

立ち仕事をしている人は、知らないうちに肩が落ち、猫背になっていませんか?
実は、そうしたこともあるので、立ち仕事でも肩こりは大敵なのです。
猫背になると背筋が弱くなり、だんだん首周りの筋肉も緊張気味になってしまい、肩こりを引き起こす原因となってしまいます。
立ち仕事であれば同じ姿勢を続けることも多いので、肩こりの原因としては十分に考えられます。
立ち仕事の場合は、「身長を高く見せる立ち姿勢」を心がけてみましょう。
ちょっとしたとき、気づいた時に背筋をぴんと伸ばし、アゴを引いてみましょう。
心がけるのは、体の芯が上に釣られているような感覚になることです。
自然と背筋が鍛えられ、姿勢もよくなっていきます。
背筋をまっすぐにすることは、実はかなり背筋が必要なこと。
ふとしたときにこの体勢になると、少しずつ背筋が鍛えられ、猫背も自然と治っていくのです。
立ち仕事であるのに肩こりに悩んでいるのは、やはり勤務中の姿勢が原因であることが多く、それは少しの心がけで治るものです。
シップなどを貼るとあまり匂いもよくないため、印象も悪くなりがちなので、こうした少しのことで治していきましょう。