肩こりを防ぐために面接を受けるような座り姿勢

肩こりを防ぐために面接を受けるような座り姿勢

肩こりは猫背など、一般的に「姿勢が悪い」とされる姿勢からも引き起こされるといいます。
そんな人には、「面接を受けるような座り姿勢」がお勧めです。
「面接を受けるような座り姿勢」とは、一体どんなものか。
今自分でやってみると、背筋をぴんとして、しっかりまっすぐ座る姿勢であると認識できるでしょう。
それこそが、肩こりを防ぐためにも必要な座り姿勢なのです。
いつもデスクワークをしている人は、ふとしたときにこの姿勢をとってみると、肩こり予防になります。
この姿勢は「頭をぴんと糸で吊ったような」というのが特徴です。
それにより背筋から首の根本にかけての筋肉がしっかりと働き、肩こりを予防してくれるのです。
肩こり気味の人はこの姿勢を心がけ、なるべく猫背を直すと、肩こりが和らいでいくでしょう。
あまり背もたれに頼りすぎるのはいけないので、深く座りすぎず、まっぐにアゴをひいて座りましょう。
いつも猫背の人は、ふとしたときだけでもいいのでこの姿勢をやってみましょう。
すると驚くほど、肩こりがやわらぐかもしれません。
猫背気味の人は背筋が弱りがち。
一日数回だけでもいいのでこういったことをすると、少しでも背筋が鍛えられます。