肩こり治療に医療機器は補助的なもの?

肩こり治療に医療機器は補助的なもの?

肩こりで病院にかかろうと考えている人の中には、もしかすると「肩こりを直せる医療機器があるのではないか」と思っている人もいるかもしれません。
ですが治療において使う医療機器は、あくまで補助的なものなのです。
低周波治療用や電熱医療機器などを利用しますが、あくまでそれは筋肉をやわらかくほぐすためのもの。
おそらく、使い始めはとても気持ちいいでしょうが、慣れてくるとあまりきかなくなり、もっと強い刺激がほしくなります。
まず根本的な治療は、首周りの血流を良くすることが大事なのです。
そのためには患者さん自身の生活習慣を見直すほかありません。
痛みをやわらげてもらって、その後は放置、ではなく、ちゃんと自分で温めたりしたほうがよいのです。
医師の意見をよく聞き、根本的な治療を心がけましょう。
筋肉をほぐすには温めるか、動かすかどちらかです。
低周波治療は筋肉に刺激を与えるもので、電熱式であれば温めてくれます。
常に温めてくれたり刺激を与えてくれるものではないので、日頃から体操をやってみたり、首の後ろを温めたり、体を動かしたりして積極的に治療しましょう。
体を動かす習慣をつければ、自然と全体的に調子がよくなることもあります。