肩こりと息苦しさの関係

肩こりと息苦しさの関係

肩こりに悩まされている方の中には、肩こりだけじゃなく、寝ている時に息苦しいなどと感じる人がいます。
そういう人はもしかすると、肩こりよりももっと重大な疾患の可能性があります。
たかが肩こり、と言って病院にいかずグッズなどで治そうとして、結局治らないで慢性的に肩こりの症状が出続けているという人はいませんか?
そういった方は、肩だけでなく、首周りの筋肉も徐々に緊張状態になっていくのです。
そうなると一番厄介なのは気道周りの筋肉です。
首には生命維持に大変重要な気道が通っているのですが、それは首の筋肉と密接に関係しています。
首の筋肉が凝り固まると、どんどん気道が狭まり、息苦しさを感じます。
それが肩こりを起こしている人が感じる息苦しさなのです。
肩こりだからといって首の付根や肩だけを気にしてはいけないといえます。
実は、喉や首筋の筋肉もこっていることが多いからです。
あまりにもひどい方は病院に行って対処法を相談したほうがよいようです。
症状が改善すると、首周りの筋肉もほぐされ、呼吸が随分と楽になったという症例もあるようなので、肩こりは油断ならない疾患でもあるということを自覚しておきましょう。