月経周期と関節のゆるみと肩こり

月経周期と関節のゆるみと肩こり

骨盤の問題に悩むのは女性が多いです。
女性の骨盤はもともと、男性よりも広く大きくなっていることが特徴です。
月経などによりホルモンバランスが乱れ、骨盤がゆるみやすく、歪みやすいのです。
骨盤がゆるむと、肩こりや腰痛が引き起こされるのです。
それだけじゃなく、代謝低下やむくみ、冷え症や自律神経の不調など、たくさんの症状を引き起こします。
骨盤と月経周期は、それほどまでに関係が深く、そして重要なのです。
月経によって骨盤がゆるみやすい、という人は、骨盤矯正をしたほうがよいです。
それにより体の調子がよくなったり、生理痛が軽くなる人が多いのです。
また、ストレッチなどによって肩こりを解消するのもいい手段といえます。
体をほぐし、血の巡りをよくすることによって、自律神経の不調や代謝低下、冷え症などの症状も和らげることができます。
あまりにもひどいようなら、専門医にかかったほうがよいでしょう。
骨盤矯正で治れば、婦人科にかかる必要もありません。
もし骨盤矯正でも治らない場合は、婦人科にかかってみると、また違う病気が発覚するかもしれません。
肩こりだからとたかをくくらず、少しでも症状が出たら、何かの病気を疑ってみましょう。