頚椎や胸椎のカーブに異常があると肩こりが?

頚椎や胸椎のカーブに異常があると肩こりが?

最近、デスクワークをしている人たちの中に、「ストレートネック」という症状に悩まされる人が増えています。
ゆるやかにカーブを描いているはずの頚椎や胸椎が、まっすぐになってしまっている、というのが「ストレートネック」の特徴。
実はこのカーブの異常が、肩こりを引き起こす原因となっていることがあるのです。
ストレートネックによって頭を支えるはずの頚椎が頭を支えられず、首の筋肉だけで支えることになってしまうため、肩こりが起きてしまうのです。
原因は猫背や長時間のデスクワークにあります。
首を動かすと痛かったり、疲れると頭痛がしたり、もちろん肩こりの症状が出ている場合もストレートネックが疑われます。
そういった症状が出ている場合は、専門医に相談して治療を受けましょう。
体全体の血行が悪くなっている可能性があるので、体調不良が続く原因ともなります。
自分で猫背を直してみるのもいい治療法といえます。
猫背を治すストレッチや体操を試みてみるのもいいかもしれません。
長時間の座りっぱなし状態を生んでしまうデスクワークを避けるためにも、オフィスでできる簡単な体操をしてみるのも対処法になります。