関節の機能低下と肩こり

関節の機能低下と肩こり

肩こりに悩まされている人の中には、「年をとって関節が悪くなったなあ」と、関節に悩みを持っている人もいるかもしれません。
実は、関節の機能低下も肩こりに関係があるのです。
もともと肩こりは神経の働きが鈍ると起こりやすいとされています。
神経の働きは、時として体の「歪み」によって阻害されてしまうことがあるのです。
関節の機能低下により歪みが生じ、伝送障害となってしまう。
そういったときに、肩がこりやすくなってしまうこともあるのです。
また、関節の機能低下は血流にも影響します。
全身の血の巡りが悪くなると、肩こりや腰痛の原因ともなるのです。
関節の機能低下は年齢とともに深刻化する問題のひとつでもあります。
そこから併発する肩こりは、なんとか関節の機能低下を防ぐほか、方法はありません。
体を温め、血の巡りをよくすることも症状を和らげる一因ともなります。
肩に血をめぐらせることができれば、肩の筋肉も柔らかくなり、痛みやこりが少なくなるのです。
それには適度なストレッチが大切です。
体をゆっくりと伸ばすことで血の巡りを良くして、体全体をほぐすこともできます。
関節の機能低下が心配であるならば、その負担を和らげるストレッチが最適でしょう。
気になる部分だけでもほぐしてあげれば、体の調子もよくなるはずです。