暑くて肩こりになる?

暑くて肩こりになる?

夏の暑さに体調をくずす人は多いですが、肩こりがひどくなるという人もいます。
なぜ夏の暑さで肩こりが起きてしまうのでしょうか。
肩こりの原因は筋肉の緊張や硬直が主です。
その筋肉の緊張や硬直は、夏バテが原因でもあるのです。
夏になると暑いので汗がたくさん出ます。
汗がたくさん出るようになってしまう夏は、自律神経の働きが乱れてしまいます。
自律神経は血管の収縮などに関わっている重要な神経です。
なので、この働きが乱れてしまうと、血行が悪くなってしまいます。
だから夏、暑くなってしまうと肩こりになってしまうのです。
冷房だったり外の暑さだったり、何かと温度差によって体調が崩れることもあります。
そのせいで自律神経が崩れ、そして血行が悪くなり、肩こりが起こることがあります。
なので、まずは血行をよくしましょう。
ストレッチなどをして血行をよくすると、肩こりも解消されるでしょう。
また、規則正しい生活を心がけるようにすると、夏バテ対策にもなります。
運動して、暑さではない健康的な汗を流すのも、暑い夏だからこそ最適でしょう。
しかし汗をかいたらちゃんと水分補給をしないとダメです。
厳しい冬を越えると、夏になり、また別の肩こりの原因が現れます。
それに負けないようにしましょう。