スキーで転んで肩こり?

スキーで転んで肩こり?

スキーで転んで肩こりになることは結構あって、交通事故に遭った時の後遺症と同じような経緯でなるとされています。
普通に歩いている時に転んだだけでも、意外と身体に衝撃が大きく、後日思いもよらない症状に悩まされることがあります。
スキーをしている時には気がつきませんが、スキーは見た目よりも使われるエネルギーが強く、転倒する時に強いエネルギーが発生します。
スキーをした事のある人なら分かるように、スキーでは止まる時に技術が必要なのです。
何もせず転倒したなら、その分のエネルギーが身体に衝撃を与え、何らかの影響を及ぼしてしまうでしょう。
スキーで転ぶと上手な人は下半身から雪上にぶつけますが、下手な人だと上半身から雪上にぶつけます。
特に首周辺をぶつけた場合、もろい首の関節を守ろうとして他の組織にダメージが行ってしまいます。
それが予想以上に悪かった場合、後日肩こりという症状で現れるのです。
スキーでは単に転んだだけと放置しがちで、自分でもダメージに気がつかないことがあるため、周囲が注意してあげる必要があります。
スキーは転び方にも技術が必要なスポーツなので、転ぶ時はダメージを軽減できるような転び方を学んでおきましょう。