無意識に肩が上がっていると…?

無意識に肩が上がっていると…?

精神的ストレスや緊張も肩こりの原因になります。
ストレスがたまると、身体は無意識の状態で力が入ってしまいます。
緊張している時に気が付いたら肩が上がっている経験をされた事がある方も多いと思います。
精神的ストレスや緊張が長期間継続して起こると、肩の筋肉は硬くなってしまい肩こりが起こります。
しかし、日常生活でも無意識に方が上がっていることが多いと悩まれている方も少なくありません。
たとえば、パソコンを操作しているとき・野菜を切っているとき・テレビを見ているときなどがよく聞かれます。
ひどい方は睡眠中にもかかわらず肩に力が入っていると言う方もいます。
このような体験談は、インターネット上での悩み相談などでよく目にすることができます。
このような場合には、肩に力が入っていると気づいた時点で、意識して肩の力を抜くということが大切になってきます。
肩や首がリラックスできる体操や、対処法として説明している本なども実際に売られているようなので、このようなツールを参考にするのも良いでしょう。
原因がストレスからくる肩こりである可能性もありますので、簡単な運動や趣味などで気持ちをリラックスすることも、肩こりを治す上で大切だといえます。