肩こりで背中が痛い?

肩こりで背中が痛い?

肩こりで背中が痛くなるのは、肩の筋肉と背中の筋肉とが隣り合っていることから、肩の筋肉の負担が背中へと影響するからです。
直接影響を与えやすいのが肩と背中との関係で、肩の筋肉が緊張、疲労することにより、背中の筋肉まで緊張、疲労してしまうという連鎖が起こります。
もしくは背中の筋肉には全く異常がない状態で、肩の痛み、痺れなどの症状が背中まで響くことにより、痛みを感じてしまうことがあるのです。
肩こりの連鎖で背中が痛む代表例が「僧帽筋」という筋肉にあります。
僧帽筋は首から肩、そして背中にかけてついているため、通称「肩こり筋」とも呼ばれています。
本来は首を支える筋肉なのですが、姿勢が崩れた状態で長時間続いた場合、首や肩だけでなく背中まで凝ってきてしまうのです。
これが肩こりならぬ背中のこりに発展した場合で、肩こりと同じ原因によって生じます。
これは肩こりの原因が解消されない限り、背中のこりも解れないため、適切に見極める必要が出てきます。
大体の場合は姿勢の悪さによって筋肉疲労が溜まったときに起こるため、原因の姿勢の悪さを自覚して治す必要があります。
筋肉疲労を早く治したいのなら、筋肉を温めて解しておきましょう。