肩こりと胸の痛みの関係

肩こりと胸の痛みの関係

肩こりから始まり、胸も痛いと感じられる場合は、要注意です。
肩こりは必ずしも筋肉疲労や生活習慣などが原因なのではなく、内臓が悪かったり・何らかの病気で肩こりを感じる場合があるのです。
内臓・内科的疾患からくるものの特徴は一般によく起こる肩こりと違い、単に肩がこる症状だけではなく肩こり以外に様々な症状があります。
たとえば胸の痛みもそうですが、他に頭痛や背部痛、めまい、動悸、息切れ、倦怠感などがあげられます。
胸が痛い、という場合に考えられる症状として、狭心症などの心臓疾患が挙げられます。
万が一肩が凝り、胸も痛いと言う場合には早めに病院で診察してもらう必要があるでしょう。
実は肩こりは万病のSOSであるという事も珍しくありません。
一般的な肩こりと、危険な肩こりの違いを見分ける方法はあります。
例えば、整体やマッサージ、ストレッチや運動・入浴などをすることで症状が改善されれば単なる肩こりです。
これらは生活習慣などから来る「血行不良による肩こり」の可能性が高いといえます。
本来整体やマッサージは、普通の肩こりなら1~3回程で楽になってくるのが普通です。
続けても治らず、胸が痛いなどの症状の場合は内科などで診察してもらいましょう。