まじめな人と肩こりの関係

まじめな人と肩こりの関係

日本人には肩こりが多いとされており、外国では肩こりの人が少なかったり、そもそも肩こりの概念がない国もあります。
これは、姿勢や筋肉の付き方など、民族的なものや生活の影響によるものです。
日本人という民族的な観点から、性格的には良くも悪くもまじめであるとされています。
まじめな方は、責任感が強かったり、頑張り屋であったり、完璧主義であったりするため、何事についても一生懸命頑張りすぎる傾向があります。
真剣に集中して物事に取り組むことは非常に良いことですが、力が入りすぎていたり、または緊張している場合があります。
また、そのような場合は肩に力が入ってしまいます。
肩の力を抜いて、という言い回しがありますが、その逆で、肩が緊張し、筋肉に過剰な負荷がかかります。
そうすると、血行が悪くなり、肩こりにつながります。
また、適度に休憩を取らないことも、身体の緊張がほぐれない原因の1つです。
適度に気分転換の時間をとることで、筋肉をほぐし、リラックスすることが出来ます。
まじめな性格は良いことですが、肩こりでつらい思いをしないように、文字通り肩の力を抜くことが大切です。
ストレッチや体操、深呼吸などでも構わないので、定期的に肩の力を抜きましょう。