完璧主義であることと肩こりの関係

完璧主義であることと肩こりの関係

肩こりとその人の性格や癖などは、かなり密接な関係があります。
ここでは、肩こりと完璧主義の関係性について述べていきたいと思います。
完璧主義な人は、肩こりの人が多いといわれています。
肩こりは、血行不良によって筋肉が疲労を起こし、硬く重くなっていくのですが、筋肉を使っていなくても血行不良の原因となるもののひとつにストレスがあげられます。
無意識のうちに自分を追い詰めすぎやすい傾向の完璧主義者は、無意識のうちにストレスを溜め込みやすいといえます。
仕事中でのストレスはもちろんのこと、職場や生活環境が変わることでも、体が環境に慣れるまで常に緊張し続けます。
肩こりの原因をどんなに調べてみても原因が特定できない場合、筋肉の疲労による肩こりには「心因性のストレス」が関係していることも多いようです。
ストレスを感じると、自律神経のバランスが崩れアドレナリンが盛んに分泌されます。
アドレナリンにより血管は収縮し、血行不良や老廃物が蓄積され、肩こりへと進行するのです。
肩こりを治すには、十分な睡眠とストレスの解消を心がけましょう。
スポーツやウォーキング、ヨガなどのエクササイズでカラダを動かすことも、解消法としてお勧めです。