足を組まなくしてみたら肩こりが治った?

足を組まなくしてみたら肩こりが治った?

肩こりがひどくなる原因には様々な要因がありますが、中でも体の姿勢は重要な要素の一つです。
肩こりに影響を与える姿勢の取り方には色々ありますが、その一つが同じ姿勢を長時間継続して取り続けることです。
パソコンなどのデスクワークや車の運転、立ち仕事など、日々の仕事や生活の中で思いのほか同じ姿勢を継続することは多いです。
そうした時には、体の筋肉は全身を使わずに同じ筋肉のみを使い続けている状態にあります。
この結果、筋肉が疲労をおこし、肩こりの原因となってあらわれるのです。
また、姿勢自体が悪くても、当然、肩こりの原因となります。
姿勢が悪くなる原因としては、まず、肥満・なで肩・猫背といった身体的特徴が影響するケースが考えられます。
また、椅子が机とあっていなかったり、寝るときの枕の高さ、硬さが自分にフィットしていなかったりといった身の回りのツールに原因がある場合もあります。
その中でも、みなさんがついついやっている姿勢の中で肩こりに悪影響を与える姿勢があります。
それは、椅子に長時間座りながら足を組むことです。
この姿勢は、長時間同じ体勢という時点で肩こりになりやすい状態である上に、さらに足を組むことで上半身が前に傾きやすくなり、姿勢が悪くなります。
また、体の重心がずれ、体のゆがみや筋肉の偏りが生じ、肩こりに影響を与えます。
ですから、足を組むことは肩こりの大きな原因の一つといえます。
いつも肩こりに悩んでいる方は、一度、座る際に足を組まなくしてみたら肩こりが治るかもしれません。