五十肩の肩こりには無理をしないこと

五十肩の肩こりには無理をしないこと

肩こりは首周りや肩周りの筋肉の疲労や過剰な緊張、血行不良などによって引き起こされるものですが、五十肩は肩関節の周囲の炎症が原因で起こるものであるため、全く別の症状です。
五十肩は、名前の通り40歳代後半から60歳代まで見られる症状で、若い人にはあまり起こらない症状です。
五十肩は関節や健に蓄積した傷みが炎症を引き起こし、周囲にも炎症が波及することがあります。
そのため、肩から腕にかけて痛みを感じることがほとんどです。
肩こりと五十肩を見分けるポイントとしては、痛みをこらえながら肩や腕が一通り動かせるのであれば、肩こりで、動きが制限されるようなら、五十肩です。
五十肩と肩こりが同時に発症しているようであれば、決して無理をしないことです。
五十肩はほとんどの人は自然に痛みは治まりますが、その場合肩関節の動きが悪くなります。
そのため、五十肩になった場合は、消炎鎮痛薬などで痛みを和らげ、五十肩体操などで、多少痛みを感じる程度に肩を少しずつ動かすことです。
また、肩を動かす際は十分肩を温めてから行うことが大切です。
五十肩にならないよう、普段から肩関節を適度に動かすとともに、温めて血行を促すなどケアすることで、肩こりの予防にもなるでしょう。