かたすぎる枕が肩こりに良くない理由

かたすぎる枕が肩こりに良くない理由

枕が合わないということが肩こりや不眠を誘発することは、よく知られています。
では、合う枕、合わない枕はどのように判断されているのかというと、「高さ」で判断している人が圧倒的に多いという状況にあります。
一般的に言って、高い枕は首や肩の筋肉に負担がかかり、のどが圧迫されてしまいます。
また、低い枕も頭が沈み込んでしまうような枕であれば、肩や首に負担がかかり、肩こりを訴える人が多いのです。
しかし、枕選びに関して、「高さ」のほかに重要なポイントがあります。
それは「硬さ」なのです。
硬さが合わなければ、体圧をうまく分散させることができないため、睡眠中に負担がかかり、肩こりや首こり、頭痛、首痛、不眠を引き起こします。
かたすぎる枕は頭部との接触面が少なく、後頭部だけで頭を支える形になるので、首筋に力が入ったり、安定させるために肩に負担がかかるため、肩こりには良くありません。
逆に柔らかすぎる枕も、頭を安定させようとして大きな力が首と肩に働き、筋肉が緊張してしまい、肩こりの原因になります。
筋肉が緊張すれば、交感神経も刺激されるため、ぐっすり眠れなくなるなど不眠の原因にもなったりします。
適した硬さの枕を選ぶことが、ポイントになるのです。