高すぎる枕が肩こりに良くない理由

高すぎる枕が肩こりに良くない理由

肩こりを治すために、マッサージをしたりストレッチをしたり、血行をよくする工夫をしている人が多くいます。
そんな人たちにとっては、首に負担をかけない姿勢を長時間できる睡眠時間が、肩こりを治す最速で、しかも最良の治療法だといわれています。
そして、その睡眠を支えているのが枕の存在です。
枕は頭を乗せるのだと思われがちですが、実はそうではなく、首を支える形にしないと肩こりはよくなりません。
そのため、高すぎる枕は、肩こりによくないばかりか、首にも負担をかけてしまいます。
それは、高さのある枕を使って睡眠をとると、頭部が前傾したような姿で寝ることになります。
これを、普段の立っているときの姿に置き換えると、頭だけを下げた状態を長時間続けていることになります。
そして、頭部を前傾した状態が続いてしまうと、徐々に呼吸も苦しくなり、心地よい睡眠も得られなくなってしまいます。
このため、脳を休めることもできない上に、首や肩まわりの筋肉が緊張してしまうので、眠りが浅くなってしまいます。
この結果、起きたときに疲労感が残る状態を招いてしまうのです。
このことから、自分の体型にあった枕を選ぶ大切さが分かります。
なお最近では、オーダーメイドで枕を作っているところもあるので、いっそう快眠を得られるようになりました。